10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因と結果の法則

2014年 02月20日 09:21 (木)




原因と結果の法則

最近、とある人からヨガの思想とか、原因と結果の法則について教わっている。

原因と結果の法則とは、

・全ての出来事には原因がある
・原因がないところに結果は無い

という考え方である。

確かに、出会いを求めなければ出会えないし、勉強をしなければいい学校、会社には入れない。

暴飲暴食をしていれば病気にもなる。
なっとく出来る部分もあるが、納得いかない部分もあるはずだ。

全ての出来事に原因があるならば、

▼不慮の事故に巻き込まれ、愛する家族を失ってしまった人は?

▼全然知らない人に、通り魔的に殺された人は?

▼3.11の津波で、家も家族も仕事も全て失った人は?


これら全て、自分に原因があるとの事。
でも何故?生まれてからこの方、真面目に生きてきた人も、何の前触れもなく不幸になってしまう。

そう考える人が大多数のはずだ。
私もそう考えていた。
だから考えうる、あらゆる不幸をあげつらえて質問してみたが、結果は同じ。

全ての出来事には原因がある

今生だけでは説明出来ない、幸せと不幸の不平等を説明するには、『前世』の考え方が必要不可欠なのだ。

つまり、今生だけでなく、今まで幾度となく繰り返してきた(であろう)命での行いが、今世に影響しているのである。

その生まれ変わりが存在する前提ならば、理不尽と思える事柄に理由をつけることが出来る。

まぁもちろん、生まれ変わり自体は科学的に存在を『証明』出来てはいないし、全ての前世を垣間見ることは出来ない。
(退行催眠でならある程度垣間見れる)

だから、『信じる』というとても曖昧で、妖しい匂いプンプンなんだけどさ。

でも信じることが出来れば、人生をもっと意味のあるものに出来るはずだ。

私は、人生を素晴らしいものにしたい。
だから信じることにしたのだ。

生まれ変わるたびに全てを忘れてしまうが、持ち越せるものが一つだけある。

もちろん金じゃない笑

次回に続く








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。