FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を飼う上で大切なことpart3

2013年 07月13日 15:00 (土)

全ては「リーダーシップ」なのだ!!!




前回記事
http://kumablog59.blog.fc2.com/blog-entry-53.html



犬というのは元来、群れで行動していたそうです。


群れで行動するということは、群れのリーダーがいます。


リーダーは群れを率いる重要な役割で、群れはリーダーを尊敬し、従います。


縦割り社会なのです。





人間と犬に当てはめると、飼い主さんがリーダーですね。


複数人で飼ってる場合はどうなるのか?


だれがリーダーかというより、”人間の方が上”ということが大事です。





飼い主さんが犬にとってのリーダーなので、尊敬し、指示うわけですが、


・家の中では自由にさせよう。閉じ込めておくのはかわいそうだし。


・散歩は進みたい方向に進ませよう。引っ張ったらかわいそう。


・ついつい赤ちゃん言葉で話しかけちゃう。


・甘噛みを許している。






等々…





これらの行動が、”リーダーとしての頼りなさ”を犬に感じさせてしまい、


・このリーダーは頼りない。僕がリーダーとしてみんなを引っ張らなきゃ!


・こいつは自分より下だな。吠えれば散歩、餌持ってきてくれるし。


・私は私の進みたい道に行くの~。



ってな具合に、思われてしまうのです。






人間の事を格下に見るだけでなく、”自分がしっかりしなきゃ!”と思わせてしまうあたりは、


なんとも泣かせます…犬に心配されるとは…





だからリーダーシップが大事なのです。


勘違いしてほしくないのは、


リーダーシップを発揮することは、犬に対して厳しくすることではありません。


毅然とした態度こそがリーダーシップです。


言うことを聞かないから散歩に行かないとか、遊んであげないとか、それは虐待になってしまいます。





リーダーシップに加えて覚えてほしいのが、


「主導権は飼い主が握る」
です。





例えば、散歩に行く時間ですが、


毎回決まった時間にすると、犬がその時間を覚えるようになり、


散歩の時間になるとそわそわしだします。


それで散歩に行かないとなると、不満を訴えるかのように吠えちゃったりね。


仕方ないから散歩に行く。そうすると 吠える=散歩してくれる と覚えちゃって、


次回からまた吠える。のループ。


これでは、主導権は犬にあるといってもいいですね。





じゃあどうするのか?


ズバリ、散歩の決まった時間を設けない!


人間がしたい時間にすればいいのです。(本当は決まってても、わざとずらしたりして)


「時間が決まってないと不安に思うんじゃ?」


そんなことはありません!


むしろ 散歩の時間が決まってる ⇒ 時間なのに散歩始まらない ⇒ 不安 です。


時間で覚えさせるのではなく、飼い主が散歩する時間が散歩の時間 と覚えさえるのです。


これなら飼い主に主導権がありますね。




そういったリーダーシップ、主導権を念頭に置けば、必ず犬も答えてくれるはず!!


だと思います。


いろいろと熱く語ってしまいましたが、全ては教材のおかげです。


本当に値段以上の価値があります。


日本では情報教材ってやつは


”なんとなく怪しい物”という考えがありますが、


まぁ確かにいろんな商品があって、すべてが素晴らしいとはとても言えません。


ほんとにピンからキリまで玉石混交状態です。


それでも、中には素晴らしい商品があります。


日本では、まだ「情報とお金を交換する」という感覚が浸透していませんが、


うまく使えば使ったお金以上の価値をもたらしてくるに違いありません。


そんなことを心底思い知らされた一件でした(^^)
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。