FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘違いされてませんように( ̄◇ ̄;)

2013年 06月02日 17:23 (日)

先日、こはるんの散歩をしていたら、小学生に拉致されそうになりました(汗


こはるんとは?
http://kumablog59.blog.fc2.com/blog-entry-23.html




小学生)可愛い♪触らせて?
わたし)いいよー♪
     ↓
小学生)抱っこさせて?
わたし)いいよー♪
     ↓
小学生)家の方までちょっと来て?
皆に見せたい。
わたし)えっ?
     ↓
小学生)私の家も犬飼ってるから大丈夫だから
わたし)ちょちょちょちょ!


途中で、

「そろそろ帰らないとお兄ちゃん怒られちゃうからね〜帰るよ〜。気をつけて帰ってね〜。」


てな感じで何とか解放してもらいました。^^;





いやー、今時の小学生は堂々と話せるんですね!




私が小学生の頃は人見知りで、全然堂々とはしてませんでしたね笑



もうね、しょっちゅう怒られてる問題児でした。




小学校1、2年の頃は、学校でゲームの話ばかりしてると怒られ、



小学校3、4年の頃は、先生と決定的にうまが合わなく、なぜかいつも怒られ



小学校5、6年の頃は、友達とよく喧嘩し怒られ





良くも悪くも、思いでですね( ̄▽ ̄)







質問です。



皆さんは小学生の時、勉強することに疑問を感じたことってありませんでしたか?



私は疑問だらけでした。



そもそも勉強する意味が分からなかった笑



いや、まじめな話ですよ?




気がついた時には、「子供は勉強しなきゃいけない」って言われてましたけど、



そもそも何で勉強しなきゃいけないのか、



全然納得がいかなかったんですよ。



だから、



「何で勉強しなきゃいけないの?」なんて、親とか先生によく聞いてました。




大概、将来のためとか、後で困る事になるとか言われて終わりでしたけど、



そんな事言われても納得出来ないですよ。



「これぜってー将来使わねぇよ!」
と、心の中で叫びながら、よく分からん数学とか、漢文とかやってました。






学生時代で、とりわけ納得いかなかった事件をお話します。



中学生のある日、英語のテストでした。
期末テストだったかな?


私は、見直しも十分行い、それでも時間に十分な余裕があったので、机に伏して寝ました。


隣の子が何度か起こそうとしましたが、

「大丈夫♪見直しもしたから。」と言ってまた眠りました。


テスト終了を告げる鐘がなった途端に、先生が私の耳を掴み、そのままトイレに連行



「何で寝てた?」と聞かれたので、


「終わったので寝てました。」と答えたら、


頬をパチン!と叩かれ、


「他の奴は終わっても寝てないぞ!!」


と怒鳴られ、




私は泣きながら謝り、その後は何もありませんでしたが、内心



「皆が寝てないから、寝ちゃいけないって、何かおかしくないか?」と疑問でした。



全然理由になってないですよ。



皆が寝ないのは、あなたの時だけですよ。
あなたが怖いから、皆あなたの時だけ寝ないんだよ。



ちゃんと理にかなった説明だったら、疑問に思わなかったのかもしれませんが、



「皆が〜だから、あなたも〜しなきゃいけない」っていう説明じゃー何とも




これは極端な話でしたけど、他にも意味の分からない決まりとか、ルールってありませんでした?






世の中も同じ。




ルールや決まりは、意味まで考えないと。



意味も分からず、ルールや決まりを守っても、



世の中では評価されないし、考える能力も衰えてしまう。、



まじめにやっていれば、何でも報われるわけでは無いんです。




授業まじめに起きてる人より、授業中寝てた人の方が成績良かったり、



まじめに学生時代を生きた人より、



喧嘩したり、授業なんかそっちのけでバンドやったり、



遊んだりしてた人が、社会に出て成功してますからね。





いろんなことの「意味」を考えて行きましょうよ!



意味の分からないことに従いながら、生きたくは無いですからね♪









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。