FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介

2013年 05月28日 00:00 (火)


死んで行った人のためにも








愛があってもお金が無くては生きてけない…




お金があっても幸せとは限らない…





だから証明したい











こんにちは!



私、ゲーム大好きオタク野郎です(^^)





一番好きなゲーム機はなんですか?っと聞かれれば、
いや聞かれなくても迷わずこう答えるでしょう…




「スーパーファミコン」である、と!!!!







どのくらい好きかというと




◆皆がポケモンに夢中になり、通信させまくってた間、
 ひたすらにスーパーファミコンをやりまくっていた。


◆弟と、スーパーファミコンのゲームBGM当てゲームをよくやっていた。


◆数字の計算、漢字の読み方等、スーパーファミコンのゲームから学んだ!


◆小学生ながらに、自他ともに認める学年1のゲーマーになっていた。


◆ゲームが影響で小学生のころ、「プログラマーに、おれはなる!!」とか言ってた。
 (そして現在SE)


◆じいちゃんにゲームのやり方を教え、ハマらせた。




etc…etc…




とにかく大好きです!



その影響で、いまだにゲームBGMをこよなく愛し、



愛用のMP3プレーヤーの曲は、半分近くがゲームBGMというありさま(^^;)



スーパーファミコンのゲームBGM当てクイズで私と戦いたい方、挑戦お待ちしています♪




ルールは、先攻後攻に分かれて、攻撃側がゲームBGMをハミングで再現。


防衛側が「何のゲームの、どのシーンのBGMか」を当てる。


といった感じで♪









自己紹介が遅れました、






中畑 達弥 です。








AB型です。




見た目はさわやか系




性格はマイペース、おっとり、ドジっこ




ナルシストでロマンチストで哲学者(自称)です。




近年の課題は、「愛と金」について自分なりの答えを見つけることです。











先ほどお話した通り、とにもかくにもゲームが大好きです。




特に感動するゲームが大好物。



いつも探し求めています。




なので、



◆「このゲームやらなきゃ、あんた”偽物だよ”」みたいなゲーム。



◆「このゲームで泣けなきゃ、あんた”人間”じゃないね」みたいなゲーム。



◆最近こんなゲームが面白かった!



◆このゲームはなんか笑えたw



◆このゲームからは学ぶことが多い



◆とにかくストーリーが最高!



◆とりあえずこれやっとけ



等々…



ゲームの情報をお待ちしています!!





あなたの大好きな、



おすすめの、



愛しているゲームについて、



語ろうではありませんか!













もちろん、ゲーム以外にも好きなことはありますよ(^^;)



◆キツネ
 ⇒キツネが好きすぎて、一時にキツネになりたいとさえ思った。
  北海道以外で、唯一キツネの放し飼い動物園まで行き、ひたすら萌えた。)


◆猫
 ⇒現在2匹飼っている。猫の可愛さを語るだけ、1日つぶせる自信がある!)


◆ジェットコースター
 ⇒ジェットコースターに乗り、人生変わりました。(ほんとです)


◆UFOキャッチャー
 ⇒UFOキャッチャーは、人生の縮図。


◆みかん
 ⇒2日で段ボール1箱食べた、みかんの食べすぎで肌がめちゃめちゃ黄色くなった、
  実家の畑に食べたみかんの皮が山のように積まれていた等、数々の伝説を作りました。


◆トマトラーメン
 ⇒毎日食べても飽きない!たぶん1日三食でも飽きない!


◆手塚治虫
 ⇒彼の漫画から人生を学びました。





etc…






少しでも興味を持っていただけましたらかるーく連絡ください!


気なんて使わず、あなたの事を聞かせてください!



















突然ですが、最近転職致しました!!



自分のさらなるスキルアップを目指して、転職先で頑張っている最中です!






さらに、最近犬も飼いました!



今まで猫ちゃんLOVE♡で生きてきた私にとって、



犬の飼うということは、「革命」と言ってもいいくらい衝撃的なことです!








ずーっと、人生に革命をもたらしたいと思っていました。



幸せになることがせめても償いだと…



「幸せにならなきゃ」という思いが、重荷になるときさえありました。



この話はまたあとで













他にも人生の革命を起こすべく、以下の目標に向かって爆進ちゅうです!!


◆30歳まで(28~29歳くらい)を目安に、家を建てる。
 ⇒土地は確保済み



◆家を建てることと時期を同じくして、地元福島に引っ越す。
 ⇒実家が福島なので


◆同時期に結婚式を挙げる。(現彼女と)
 


◆30歳までに、「家族に何があっても守る力」を身に着ける。
 ⇒猛勉強中♪


◆介護業界に革命を起こすような事業を始める。










今の私は、「夢」、「希望」、「愛」に溢れています!



毎日がとても充実しています。



やりたいことがたくさんあります!



「やりたい!」で終わらず、「やる」自身もあります。



人生って素晴らしいと、心の底から思えます。












一見、まさに人生順風万班に見えるかもしれません。



ですが、幼少のころの私には、「絶望」しかありませんでした。











私は福島県のド田舎で生まれ育ちました。



物心ついた時、家は私にとって決して居心地のいい場所ではありませんでした。



家がボロボロで、2回は隙間風が入り、玄関は雨漏り、台所はとても汚い。



それに加えてもお金もありませんでした。



でもそれはさほど問題ではありません。



家族間のコミュニケーションが問題でした。












母はなぜかいつも怒っていて、何故怒っているのかさっぱりわからず、怯えていました。



家族でどこかに行こうとして、準備が遅いだのなんだのでいっつも両親が喧嘩。



出かけるのが楽しくありませんでした。










それでもまだ幸せでした。


ご飯が食べられていたので。













小学校4年生の時、父が肺がんになりました。



手術をして、片肺だけになってしまいました。



片肺になると息を吸うこと自体が大変になります。



常に息切れしているような感覚みたいです。







それでも父は働きました。



今までのようにはいかなくても、出来る範囲の仕事を。



母も花屋さんで働き始めました。









手術の費用はじいちゃんと、親戚から借りました。



今までお互いいがみ合ってた両親ですが、父が病気になったことにより、



支え合おうとしていました。








私にはよくわかりませんでした。



お金のことも、病気の事も、これからどうなっていくのかも。



何も考えられなかったのか、何も考えたくなかったのか。



とりあえずゲームしてました。



最低ですね。






やがて中学生になり、父の病状が悪化していきました。



酸素ボンベが無いと歩けなくなりました。



母の年々体調が悪くなっていき、なぜか足がパンパンに膨れ上がっていました。



やがて二人とも悪夢を見るようになりました。










毎日が本当につらかったです。



私が何か病気になったわけではありませんが、



ただ家にいるのが辛かった。


お金もない、働ける人もいない…


弱っていく両親を目の前にしながら、私には何も、







本当に何もできませんでした。



何もしませんでした。




無力な自分から、目の前の辛い現実から目を背けたくて、ゲームしてました。





この世は決定的に不公平なんだと、体でわかりました。




一生懸命働いた父が、こんな形で死んでしまうのか?



いったい何のために一生懸命働いたんだ?



父はいつも金だけじゃ幸せになれないと言っていましたが、お金がなければ


何もかも失ってしまうじゃないか…





この時の私は知りませんでしたが、借金が100万円ほどあったそうです。




収入ゼロ、病人二人、子供二人、じいちゃん一人の状況で借金100万です。





まさに「絶望」ってやつです。









私が中学を卒業する直前、父は亡くなりました。



眠るように…亡くなっていました。



無駄だと分かっていても人工呼吸を施し、



救急車の中で冷たい手を握りながら、ひたすら夢であってくれと願い続けていました。








本当に何にもできませんでした。



しませんでした。



父が死んだその日でさえ、ゲームをしていたのですから。



本当に最低野郎です。



せめて、「ありがとう、お父さん」と、感謝の気持ちだけでも素直に伝えたかった。



自分自身に対して苛立ち、憎み、後悔しました。









父が亡くなった後の保険金によって、借金を返済し、何とか食いつなぐことが出来ました。





母は、父の49日が終わった後、急激に体調を崩し入院。





どうやら、薬害によって命の危機に瀕していたようです。



間一髪、命は取り留めました。



以前から精神病の薬など、複数薬を飲んでいたためでした。



さらに、特定疾患の病気も発症し、肉をはじめとする色んな食べ物を食べれなくなってしまいました。














父の死後、しばらくは自分を責め、後悔し続けました。




「なんでもっとお父さんとの時間を大事にしなかった」



「なんで生きているうちに恩返しをしようとしなかった」」



「なんで、父が死んでしまうその時に、ゲームなんてやっていたのか」





なんで…なんで…なんで…










後悔、絶望、悲しみの果てに私は決意しました。














父への恩返しも、何もしなかったことの積みお滅ぼしも、



「自分が精一杯生きて」返していこうと。





立派に生きることで、メッセージを伝えたいんです。



『あなたが命をかけてくれたから、一生懸命生きたから、おれはこんなに立派になったよ。ありがとう。』


っと…






その日から私は、


◆父よりも長生きすること


◆必ず幸せになること



を誓いました。









一番最初に考えたのは、「自分の人生において、何が一番重要か」でした。










家にはお金はありませんでしたが、今思えば愛がありました。



父は家族を愛していました。今はそう思えます。


父が死ぬ半年ほど前、ガンが転移したのが見つかっていたそうです。


家族には打ち明けず、兄弟にだけ打ち明けていたみたいです。


自分の死期は間近に迫っていると知りながら、家族に打ち明けなかったのはどうしてでしょう?




きっととても怖かったはずです。


怖くないわけがありません。


それでも言わなかった。




きっとこれ以上心配かけたくなかったんでしょう。


そういう人でした。








それに、思えば私は、父と母の愛に生かされました。



というのも、父と母は結婚する際、周り(特に母方の実家)から猛烈に反対されたそうです。


父の家は貧乏で、母の家は田んぼ持っていて「良い家」でした。
(今の時代となってはどうでもいいことですが)



なので、母が私を身ごもった時、「おろせ!」と脅されたそうです。



それでも生んでくれました。


生みの親でもあり、同時に命の恩人でもあったのです。







それに、父が亡くなった後の生活は、父の保険金のおかげで何とかなりました。


父の命と引き換えに、私たちは生き延びたのです。





だから父は、「愛に生きて愛に死んだ」のだと私は思っています。








そして私は、「自分も愛に生きたい」と思うようになりました。








愛こそが、自分にとって一番大事なものだと理解しました。








もちろん愛だけじゃ生きられません。

お金も必要です。


愛とお金



どっちが大事なのか考えました。




きっと人間、誰しも考えるテーマではないでしょうか?




考えて、考えて、考えて…




そして私が出した答えは





『愛とお金を分けるのではなく、とても近しいもの』と捉えることでした。








お金はビジネスで回ります。




ビジネスって、





「その人が喜ぶ何かを提供する事で、お返しをいただくこと」ですよね?






極論してしまえば、誰かに何かしてあげたいとか、




良いものを使ってほしいとか、そういうのって「愛」が根源にあると思うのです。






「愛が金を回し、金が愛を加速させる」




















私は今、愛する人がいます。





本当に心の底から愛する人が。





最高に幸せです。






その幸せを守りたい。





たとえ私が病気になっても。




事故にあっても。





福島県に住めなくなっても。





会社をクビになっても。






何があっても。








絶対に、幸せになる。





自分のを生かしてくれたすべての人の為にも。









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「 愛の光なき人生は無意味である。」



             フリードリヒ・フォン・シラー


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







私は今、ネットビジネスを勉強しています。




もちろん家族を守るために。




国に頼らず、会社に頼らずとも生きている力を身に着けます。




将来的に、ネットビジネスの力を利用して、




介護業界に革新をもたらすような、「何か」をしていきたいと思っています。




身近な人が介護にかかわっていて、業界の現状、そして自分が介護される立場になった時を考え、




介護業界をどうにかしたいと思っています。




具体的なことは全然ですが、叶える夢の一つです。













人はみんな「幸せ」になりたくて生きているというのが持論です。




私の場合、幸せ=愛 というだけで、人によって形は様々です。




でも、自分の幸せがなんなのか理解できた今、なんでもできます。







どんなに道に迷っても、つまづいたり、くじけたりしても、




目指すべき場所は絶対に見失わない。













よく、「おまえは恥ずかしいこと平気で言うやつだな」なんて言われたりしますが、



少しも恥ずかしくありません。



「幸せ=愛」だと思っています。



そして、「愛がお金をまわすんだ」と。

















ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます。




私の思い、私の考えが少しでもあなたの人生の刺激になれば、こんなにうれしいことはありません。




今度はあなたの話を聞かせてください!




あなたの大切にしていること。




あなたの考え、信念、生きざまを、是非聞かせてください!!












それでは、またお会いしましょう(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。