FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母って…

2013年 05月09日 21:00 (木)

こんにちは!


今日もせこせこ、炊事・洗濯・ペットの世話に励んでおりました!、


いやー、何でも自分でやるのは大変ですよね(^ ^)


こうして実家から出てみると、親って大変だな…と切に感じます。


仕事をして、家の事やって、プラス子供の世話ですからね。





突然ですが私はマザコンです。


でも、母が大好き♡ という意味じゃありません(^^;)


好きだけど嫌い、そんな複雑な感情なんです。





母は掃除が全く出来なくて、私は規制するたびに家の掃除をしています。


1日あればゴミ袋が、10~20個になるくらい、家の中はいらないものとゴミにあふれてます。


かろうじてゴミ屋敷じゃないくらいのレベルで汚いです。


台所だってドロドロだし、冷蔵庫の中は賞味期限が切れた物ばかり。


それも10年近く前からずっとそんな感じです。


洗濯物はたたまれずに山積みだし、かなりの確率で塩シャケが夕飯に出るのですが、1パックまるまる焼いちゃうから、必ず余って捨てることになるし


ご飯はいつもぐちゃぐちゃしてるし…


なんだかわからないけどいつも怒ってました。







とにかくもう不満だらけでした。


嫌いで嫌いで嫌いで嫌いで…


憎んでさえいました。






でも…













それでも、心の底から嫌いにはなれませんでした。





親子っていうのは、本当に「切っても切れない関係」なんだと感じます。





大っ嫌いな母でしたが、そんな母を反面教師にして、今の私があります。



嫌いな母がいたからこそ、今の自分がある。



だから今となっては、とても感謝しています。



産んでくれたこと自体に…






決して出来た母ではない。


自慢できるような母でもない。


それでも、私の母。




とっても嫌いで、とっても好きな、そんな人。






実家に帰るたびに家の惨状にあきれ果て、それでも東京に戻ってきたら、


実家が恋しくなり、「もっといろいろ話したかったな…」なんて思う。






別に掃除が出来るようにならなくてもいいし、働けるようになる必要もない。


ただ、生きてくれていればそれで。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。