09月 « 2013年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功のために

2013年 10月29日 18:46 (火)

こんにちは。
最近とても寒くなりましたね。
朝布団から出るのが辛い季節です^ ^

そんな中、朝からこはるちゃんの散歩しに行くのは大変で…
今日はどうしても眠くてサボっちゃいました。
帰ったら散歩してあげなくては♬


★成功のために

私は今、BUYMAのバイヤーをしています。国内在住でも出来るので、それで目標である月10万円を目指そうと。

20歳になって東京に出て来て早4年。
この4年の間にいろんな事にチャレンジしてきました。
(チャレンジというと聞こえはいいですが、美味い話に飛び付いていただけです)

最初はアービトラージ。(断念
次は競馬の資産運用。(断念
次はアフィリエイトのコンサル。(向こうの会社都合で中断
次はアダルトアフィリエイト。(断念
次はライフプランのコンサル。(現在

合わせて170万円の投資でした。
(アビトラ、投資に必要なお金を合わせると200万を越えます。)

200万あればいろいろ出来ました。
車を買う事、結婚資金にすることも、マイホームの頭金にすることも、旅行に行くことも。

でもしなかった。
私は信じていました。
お金をただ貯めておくより、若いうちに自分に投資しておく方が、何倍にもなって帰ってくると。

いや、むしろ若いうちに自己投資しておかないと、40歳、50歳になった時に大変苦労すると思っています。

そのため、車も買わず、服も買わず、ゲームは少し買い、タバコは吸わず、酒は少しだけ飲み、ブランドにこだわりも持たず。

高い買い物をせずに(我慢ではなくて別に必要なかっただけなんですけどね。)
たまに美味しいものを食べて、
たまにデートに行って…

そう考えると、別段困ってるわけではないか。

借金は現在、70万まで減らしました。
が、まだまだ先は長い。

最初はね、借金するのはすごい悪いことの様に感じたし、ストレスでした。
彼女には黙っておきたいし、借金なんて自分ではしたことなかったし。

貯金史上主義の人から見たらアホと思われるかもしれません。
そんな事より貯金しろってね。

でも私はやる!!
今は自分を信じてやり続ける!!

成功の秘訣は、成功するまでやることだと思っています。
そのために勝負をし続ける!

一番やっちゃいけないのは、その勝負に負けたら、二度と勝負出来ないほどコテンパンになるようなリスクを負うこと。

生活が出来なくなるほどはお金を使っちゃダメです。
病気になるほど体を酷使しちゃダメです。

勝負し続けるられるかが肝心。
勝負が出来るうちは、まだ人生に負けてはいない。

いつ『成功』と思える領域に達することが出来るかは分からない。
未来のことは何とも言えない。

だから信じるしかない。
自分を信じてやり続けるしかない。

時には周りに助けてもらって、
自分の位置と行き先を再確認したりして。

そうやって、ずっと勝負し続けて生きていきたい。
新しい事を求める心と、一つのことに集中する心を併せ持って生きていきたい。






スポンサーサイト

テーマ : 成功する為に必要な事
ジャンル : ビジネス

10/28のツイートまとめ

2013年 10月29日 03:50 (火)

kumatoraMikan

どんなことでも、成功するためにはある法則に従う必要がある。やり続けることだ。数をこなすことだ。あっちこっちよそ見しないで、一度決めたらしばらくはそれしか見ずに、集中して取り組むこと。隣の芝は青く見える。今は目の前の事に集中しよう。
10-28 08:36

10/25のツイートまとめ

2013年 10月26日 03:53 (土)

kumatoraMikan

今日はトマトラーメン食べるのだ^ ^東京に来て食べたラーメンで、あれより美味いのは無かった…なんでみんなストレートなのだ?縮れだろ!?
10-25 19:02

10/18のツイートまとめ

2013年 10月19日 03:49 (土)

kumatoraMikan

バイマ・在庫なしでやれる・国内在住でやれる・売れてから仕入れられるのでリスク低い・月額利用料なども無いので参入障壁が低い・商品リサーチは難しくは無い・バイマが仲介してくれるので、料金の不払い等が発生しない
10-18 19:23

うわー、バイマのバイヤーになるわー
10-18 12:24

チームプレイについて思うこと

2013年 10月18日 19:08 (金)

最近モンハンにハマっている。
今作からは知らない人と一緒にプレイするハードルがぐっと下がった。
私も全然面識のない人達(野良)とよく狩りに行くのだが、そこで改めて感じた、チームプレイに対する考えを書こうと思う。

私はモンハン以外にもFPS(銃でバンバン撃つようなゲーム)を昔からよくやる。
シングルプレイよりも大人数でやった方が楽しい。
敵も味方も操作しているのは人間なので、相手の気持ちを考える事が大事なテクニックになってくる。気持ちの読み合いなのだ。

味方が
・回復して欲しそう
・援護を求めてそう
・誰かが先に行くのを待ってそう

敵が
・どこらへんから攻めてきそう
・隠れたから弾が切れたのかも
・敵の数が少ないから、別のところから攻めてきてるのかも

などなど、思いを巡せることはチームとしての勝敗に関わってくる。


モンハンにも同じ事が言える。
(敵は誰かが操作してるわけじゃないので味方の事だけ考えればいいが)

・ピンチそうな人がいたら回復する
・眠らせる武器の人がいたら眠るタイミングに注意する
・眠り、麻痺になった人がいたら助ける
・ハンマー、大剣など味方を飛ばす可能性のある攻撃は注意して使う
・それぞれの武器が役割を果たそうとする
(片手、虫は乗り、ハンマー、笛はスタンなど)

大事なことは『上手い、下手』ではなくて、
★役割を果たそうとする姿勢
★個人としての利益より、チームとして勝つことを優先出来るか

って事だと、いろいろゲームをやってきて心底思う。それに徹することが、最終的に個人個人が勝手にプレイするより勝てる。そして楽しい!

操作してるのが人間だから、動きだけでも大体どんな風に思ってるかは感じ取れる。

最近、自分でもよくできたなと思うのは、

・仲間が2回やられる(同じ人
・モンスターと戦ってる隣のエリアで待機してる
→2回やられたから怖くていけない or 体力の上限が下がってていけない
→秘薬をあげる
→仲間、戦闘参加

クエストが始まってると固定文しか発信出来ないので、個々人の細かい状態は分からないけど、今回のように行動から推測することも出来る。

まぁ何はともあれモンハン楽しい!




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

10/11のツイートまとめ

2013年 10月12日 03:48 (土)

kumatoraMikan

寝たきり老人がいない理由…なるほどね。おれはそういう考え方に賛同できる。寝たきりで、普通ならとっくに死んでる状態を無理やり生かしておいて何になるんだ?誰かが心底そう望んだのか?俺たちは、将来無理やり生かされる為の金を今必死になって払ってるんだ。
10-11 08:38

RT @kichomsan: 欧米にはなぜ寝たきり老人がいないのか? http://t.co/0YNqn37Stw そうか、日本だけだったのか・・・
10-11 08:34

介護業界が底辺と言われる所以

2013年 10月10日 00:00 (木)

「介護で働いてるやつにろくな奴はいない」って感じの言い回し、聞いたこと、言ったことありませんか?
私の彼女が介護業界で働いており、いろんな話を聞いているのですが、
まぁそういわれても仕方ない事例ってのがたくさんありまして…例えば


介護を利用している人:利用者さん
彼女        :Y子ちゃん
問題を起こした男  :S男
管理者(女性)   :Uさん



まず、UさんとS男は付き合っています。
そのせいで、UさんはS男をかばったり、楽な稼動を入れたりと私情を挟んでいます。
(この時点でくそですが、こんなのは序の口で…)

このS男ですが、社内でもとりわけ問題児で、いろんな事業所から
「うちではあんな奴いらない」といわれ、タライ回しにされた結果、Y子ちゃんの事業所に来ました。

この男、がたいが良く昔はチンピラだかなんだかで、わがままで粗暴な男です。
気分で仕事をするため、気に入らない人にはきつく当たり、気に入った人にはジュースをおごったりします。
自分のことを棚上げし、他の人の粗はすぐに指摘するが自分が指摘されると不機嫌になる。

そんな子供みたいなS男ですが、とにかく人が足りないので抜けられると困るような状況です。
私自身、このS男は気に入らないですが、まぁ許すしかないといった感じでした。


あの事件を起こすまでは…


つい最近の話なんですが、このS男とYちゃんが稼動に行っている利用者さんがいます。
この利用者さんには「血圧の薬」を飲ませるようにマニュアルで決まっています。

ある日、Yちゃんが利用者さん宅に稼動に入ったら、具合が悪そうでした。
水を飲ませたりなんだりして様子を見て、稼動の時間が終わったので記録をつけて帰ろうとしたときに気づきました。

「S男が血圧の薬を重複して飲ませてる!!!」

Yちゃんの前にS男が稼動に入っていたのですが、S男が本来飲ませる時間帯じゃないのに血圧の薬を飲ませてしまっていました。
S男の前の時間帯が薬を飲んでもらう時間だったんですね。

利用者さんは吐いてしまったそうです。


薬を間違えるってのは命に関わるような重大ミスです。
幸い利用者さんはその後問題なかったようですが、下手すりゃ死んでたかもしれません。

それなのにこのS男、全然反省する気無し!!!
「大丈夫だったんだからいいじゃん。」くらいの気持ちしか持っておらず、
上の人に事の重大さを指摘されると逆切れ。


人の命を危険にさらしておいてこの態度とは…
どうしようも無いクズ野郎だと思います。


他にも介護の現場では、普通の会社だったらありえないことが起きています。

◆介護施設で利用者が窓から落下して死亡したことがあったが、
 何の問題(新聞、ニュース、労働基準監督署の指導、地元のうわさ)にもならなかった。
 ⇒家族に金を握らせてもみ消したというのがもっぱらの噂。

◆管理者(男)が従業員(女)と恋愛関係になり、お互いを優先するためにシフトを都合の良いように組む。
 ⇒他の従業員激怒。あげく管理者(男)が従業員(女)を孕ませて二人とも退社。
  現在はUR賃貸(従業員(女)はシングルマザーで、その関係で入った)に住んでる模様。
  ⇒UR賃貸に入るにはいろいろ条件があったりして、男がいるからその条件から外れるはずなんだけどね…

◆上職者が、自分の都合の良いように「勝手に、だれの断りも無く」シフト表を書き換える。
 ⇒シフトが公開された後にやるので現場混乱&激怒、でもこの上職者がお局的存在で、
  しかもさらに上の人になぜか可愛がられていて、だれも解決できないでいる。

◆1日だけ出社して辞める(バイト気分か!!)

◆定時後、ぺちゃくちゃと2時間もおしゃべりだけして残業代を貰っている奴がいる。(常習犯)
 ⇒こんなクズでも会社はクビにしない。

◆普通は1事業所に事務は1人~2人くらいなのだが、なぜかYちゃんの事業所は4~5人いる
 ⇒そんなにいてもやること無い。こいつらは稼動には行かない。マジで給料泥棒。

◆Yちゃんがその会社の面接時、面接結果を2週間以内に連絡するという話だったが、
 1ヶ月経っても連絡が来なかったためこちらか連絡したら、忘れている感じだった。
 ⇒現場は人がいなくて困っているのに、人事がこんな感じだから入ってくれる人も逃していると思われる。
  実際に1人、連絡が遅いために他の内定先に行った人がいた。

◆これだけ無駄な人件費を掛けておきながら、「人件費がかかっていて赤字だ赤字だ」と上は騒いでいる。



まだまだ氷山の一角だとは思いますが、こんな状況じゃ「底辺、クズ」と言われても文句が言えない…




ここからは少し毛色が異なる話を。

これからの時代、誰でも介護を受けれるわけじゃなくなってきます。
(事実、介護を受けるためのハードルは上がってきています)

介護の自己負担率は引きあがっていくし、施設に入るためには多額のお金が必要。
そして暴力行為、暴言などの問題行動を起こす人は施設では見てくれなくなるでしょう。
(これも今現在そうなってますね。問題を起こす人は家に帰されます。)

それでもって、重度の介護状態の人と、金のある人しか介護を受けれなくなっていくでしょう。
重度の介護状態であれば特別養護老人ホームに入れてもらえますからね。
介護の自己負担率の増加と年金の減少、税金の増加などを考えれば金のある人しか受けれなくなるというのも現実的な考えかと。

この流れって本来の介護からはかけ離れていると思うんですよ。
介護の理念の中には

「介護はあくまで支援であり、利用者が出来ることは利用者にやってもらう。
 そうすることで利用者の自立をうながす」

って考えがあります。

でも、・金のある人
   ・重度の介護状態の人
しか受けれなくなるんですよ?


ってことはですね、
・金も無く
・中途半端な介護状態の

ってのは可哀相なことになります。


少ない支援でいいのに受けれない

 ⇒自立が出来ず、介護状態は悪化

  ⇒悪化して初めて介護を受けれるようになるが、
   この状態から自立まで持っていくのは大変

   ⇒自立できない


本来、支援があれば自立できたかもしれない人が自立できなくなるのではと。
これ、利用者さん目線ならばとんでもない話なんですが、実は介護事業者側からするとそうでもないかもって話なんです。

介護って基本的には利用者さんが費用を100%負担するわけではないので、
残りの分は国(税金)が負担してくれます。

ってことは介護事業者は国からお給料を貰っているようなものなんですが、
利用者さんの介護状態によって国からもらえるお金が変わってくるのです。
(つまり利用者さんの単価がどうなっているかってことですね)

介護レベルが低い(生活支援などといわれる)で済む利用者だと、単価は低いです。
介護レベルが高い(寝たきり、徘徊、麻痺など)だと、単価は高いです。

つまり、”利用者の介護レベルが高いほど、介護事業者にお金が入る”ってことですね。
(まぁその分、働いている人は大変でしょうけど…)

そのため、介護の現場では生活支援の利用者ばかり担当しているケアマネージャなどは大変みたいです。
(売上的な意味で)

これって本来の目的となんか違いませんか?
これ以上よくならない!って人を優先するために、よくなる可能性のある人は介護受けられないんですから。



他にもいろいろと言いたいことはありますがそれはまた次回

10/06のツイートまとめ

2013年 10月07日 03:49 (月)

kumatoraMikan

RT @mirumiru_mama: 「大学時代アホみたいにバイトしてたけど、これって親が高い金を払って買ってくれた時間をバイト先の会社に安く売ってたのと同じだと気がついた」 っていう社会人の言葉にはっとする俺。
10-06 17:03

悩みすぎて頭が痛くなる時ってあるよね

2013年 10月05日 09:05 (土)

自分以外の力を徹底的に利用しよう

最近悩み事で頭が痛くなるほどの考えてしまった。
将来のキャリアと、家族の問題と、そして金の問題だ。

キャリアについては、将来的に管理側(リーダー職的な)の仕事に周りたいなと思っていた。

でも同時に、
・責任も大きくなって大変そう
・帰る時間が遅くなりそう

というマイナスイメージが先行していることに、昨日気がついた。
そして管理職になってみたいという気持ちも、″なりたい!″よりも″ならなきゃいけない″気持ちが強いことに気づいた。

今までの人生の決断は、全て″やりたい!″、″なりたい!″行ってきた。
好奇心に任せて決めてきたのだ。

だから、″ならなきゃいけない″という、どこか自分以外の力、影響によってそうならざるおえない感じが、自分にブレーキをかけているのだと。

それに気づけたのでよかった。
取らぬ狸の皮算用だったのだ。

管理職になってもいないのに、勝手に妄想ばかりを膨らませていた。
全てはまずそういう状況になってから考えればよかったのだ!!

だからまず管理職になる!
それから考える!!



次に家族の問題だが、これは難しかった。
母の面倒を、私が見るか弟が見るかという話だ。

弟と私の意見としては、
私が将来家を建てる予定でいるので、そこに一緒に住まわせるというもの。

弟の経済力、生きていく力では、母の面倒を見るだけの人生になってしまう。それはあまりに可哀想。
それに私は東京で好きに生きて、弟は福島で母と一緒で、面倒ごとを任せた形になっているし。


問題は母自身の答えだ。
母がどうしたいのかが重要なのだが、その答えを出せずにいる。

昔から意思が弱く、自分で何かを決断することが出来ない人で、精神病に通っていたこともある。

そんなわけで、決断を急かすわけにもいかない。精神的負担をかけるとそれが体にも表れ、腸内出血や発作を引き起こしかねない。

そんなわけで働いてもいない。
特定疾患持ちでもある。

そして私とは全く異なる価値観の人だから、一緒にいるとお互いが不愉快になる。

そんな人と一緒住めるのか?
そんな事を考えていたら頭が痛くなってきた。



そして考えるのをやめた!!
知り合いに、そういう相談に乗ってくれそうな人を当たってもらうことにし、もう考えるのはやめた!!

どうせ今すぐの話じゃないんだから、そんな事は置いといて、目の前のことに今は集中すればいい!!




次に金!
これはもう行動するしかない!

アフィリエイトで稼ぐ!って目標は変更し、月10万円稼ぐにした。

そして、『月10万円くらいなら、せどりやった方がいいよ』と言われたので、せどりをやろう!

オークションさえやったことのない人間なので、手始めにヤフオクに不用品を出品中。
家の要らないものを片っ端からヤフオクにかけて、何と無くでいいから感覚を掴むと同時に、軍資金を準備しよう。

そして何で稼ぐかだが、
・buyma
・アマゾンマケプレ
・ヤフオク
・e-bay

あたりでせどりをやろうと思う。
あとは調べてやるだけさー



そんなこんなで、自分の悩みを整理、目標をハッキリさせられてとっても清々しい気持ちです(^O^)

悩みすぎて目の前が見えなくなってる人は、ほんと誰かに相談するのが吉ですな!


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

原発 リスクを背負って生きるしかない

2013年 10月04日 08:30 (金)

原発について思うところがあるので日記に残す。

まず、原発再稼働に反対だ。
原発は未来に大きな禍根を残すものだからだ。

例え福島原発があのような事故に合わなかったとしても、やめるべきだと思う。

原子力発電では使用済み燃料ってのが作られる。
こいつは電気はもう作れないが、放射能だけは相変わらずバンバンだし続ける代物だ。

だから原子力発電を持っている国は、こいつの処分に頭を悩ませている。

ある国は地中深くに埋めて、
ある国は海溝のそこに沈める。

どんな方法も一時的でしかない。
そしてどんな保管方法も未来永劫は続かない。

海溝に沈めたやつとか、たしか頑丈なドラム缶みたいなやつじゃなかったかな?
放射能って中には半減期が何億年のものもあるのに、絶対に数十年で漏れ出すでしょ?

今回の福島の事故でも、世界が見ないように、気づかせないようにしていた問題がどれだけでかいものなのかを認識させられた。

福島がやらかさなくても、いつかどこかで起こった問題なのだ。



ってことは、これはチャンスでもあると考えられるのでは?

原子力発電と放射能という世界中が抱えている、人類共通の問題を解決していく糸口になれるかもしれない。

これだけ汚染が広がってるんだから、とっくのとうに日本だけの話じゃなくなってるんだ。

ただ日本で起きたということなんだ。

このどうにもならない状況をどうにかし、原子力発電とおさらば出来れば、一発逆転サヨナラ満塁ホームランってとこじゃない?

原子力発電と本格的におさらばする、最高のモデルになる。

まぁともあれ、私たちに出来ることはなんだろうか?
自分の家族を守ることだけで精一杯だ。

福島に帰ることが将来的な夢だが、その頃に果たして帰れる状況(放射能的な意味で)になっているのか、分からない。

でも、このまま東京にいてもそれは同じこと。
放射能の拡散は、関東以北に広がっている。

福島県は危険だが東京は安全なんてことは無い。

じゃ西日本に逃げろって?
そんな簡単に逃げられるもんでもないし、結局のところどこに逃げてもリスクは存在する。

放射能、地震、津波、氾濫、噴火、pm2.5…
紛争、テロ、戦争、伝染病…

リスクの無い土地は存在しないし、リスクの多い少ないは移り変わっていく。

それに振り回されて生きることは、大変疲れるものだ。

だからもう起きたことは起きたこととして受け入れて生きていく他は無い。
あっちこっちに動き回れる人は、金のある人だけなのだ。


まじで、コスモクリーナー欲しいな
だれかイスカンダルまで行ってきてくれ(^O^)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。