10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の他に大切なものなど

2013年 08月06日 21:00 (火)

こんにちは!

いやー暑いですね(^^;)
8月は帰省する予定なのですが、皆さんはどうでしょう?


なんだかんだ、やっぱり地元がいいですね。
若いうちに東京でやることをやって、地元に帰るのが目標なんです。


実家には弟と母がいます。父は亡くなりました。
母と弟は掃除が下手で、いつも私が家中を掃除してます。


「なんで実家に帰ってまで掃除しなきゃならないんだ?」とか思いながら、
それでも掃除せずにはいられないんですよ。




今でこそ普通に接することが出来ますが、数年前は母の事が嫌いでした。


父が亡くなってから、働くでもなく、ひたすら無気力に暮らしていました。
私からすれば、父が亡くなる前からだってろくに家事もしなかったくせに!っと思っていました。


後ろ向きで、言い訳ばかりで、悲観的で、全てを無理と決めつけているような生き方、
考え方がとにかく嫌いで、母とは違う生き方をしようと生きてきました。


嫌いだった。けど嫌いにはなりきれなかった。
どんなに情けなくて、だらしなくて、後ろ向きで、暗くて、言い訳ばかりで…


それでも母親だった。
自分を育ててくれた。


切っても切れない、切りたくない。


こんな複雑な感情も本当の意味での「マザコン」なんだろうなーと思ったり、
母の事を「好きだけど嫌いな人」とも自分の中で表現していました。


そんな母の元を離れ、一人東京で暮らすようになり、私にも愛する人が出来ました。


「愛」


それは私の人生に置いて一番大事で、一番必要になるだろうと確信していた、
自分のテーマでした。


20代前半にして、「一生を共に出来る」と思える人に出会えるなんて、
自分はなんてラッキーなのだろう!!


その彼女と付き合ってもうすぐ3年。
母の気持ちが少しだけ理解できるようになりました。




私にとって愛は全てです。
それを失ってしまえば、生きる意味、目的、自分のすべてを失ってしまいます。


それを失ってしまった後で、希望だとか次の愛だとか、仕事だとか家事だとか、
自分の体調管理だとか、旅行とか…


そんなことを考えられるだろうか?っと…




昔、散々母に失望し、期待し、あきらめ、促し…


自分だって前向きになんて歩き出せる自信ないくせに。




誰にだって「明日」が必ず来るなんて事は言えません。
ある日突然に、日常が一変するかもしれません。


病気、事故、災害、事件…


あなたの大切な人、物が明日あるとは限りません。


それでも相変わらずに


・やりたくない事をやったり、

・行きたくない仕事に行ったり、

・一年前と何も変わらない毎日を過ごし、

・付き合いたくない人と付き合ったり、

・コンビニのご飯を食べたり、

・愛を伝えられなかったり…



そんな毎日を過ごしますか?


「そんなわけないだろ!」


その言葉だけで、気持ちだけで終わりですか?
スポンサーサイト

母って…

2013年 05月09日 21:00 (木)

こんにちは!


今日もせこせこ、炊事・洗濯・ペットの世話に励んでおりました!、


いやー、何でも自分でやるのは大変ですよね(^ ^)


こうして実家から出てみると、親って大変だな…と切に感じます。


仕事をして、家の事やって、プラス子供の世話ですからね。





突然ですが私はマザコンです。


でも、母が大好き♡ という意味じゃありません(^^;)


好きだけど嫌い、そんな複雑な感情なんです。





母は掃除が全く出来なくて、私は規制するたびに家の掃除をしています。


1日あればゴミ袋が、10~20個になるくらい、家の中はいらないものとゴミにあふれてます。


かろうじてゴミ屋敷じゃないくらいのレベルで汚いです。


台所だってドロドロだし、冷蔵庫の中は賞味期限が切れた物ばかり。


それも10年近く前からずっとそんな感じです。


洗濯物はたたまれずに山積みだし、かなりの確率で塩シャケが夕飯に出るのですが、1パックまるまる焼いちゃうから、必ず余って捨てることになるし


ご飯はいつもぐちゃぐちゃしてるし…


なんだかわからないけどいつも怒ってました。







とにかくもう不満だらけでした。


嫌いで嫌いで嫌いで嫌いで…


憎んでさえいました。






でも…













それでも、心の底から嫌いにはなれませんでした。





親子っていうのは、本当に「切っても切れない関係」なんだと感じます。





大っ嫌いな母でしたが、そんな母を反面教師にして、今の私があります。



嫌いな母がいたからこそ、今の自分がある。



だから今となっては、とても感謝しています。



産んでくれたこと自体に…






決して出来た母ではない。


自慢できるような母でもない。


それでも、私の母。




とっても嫌いで、とっても好きな、そんな人。






実家に帰るたびに家の惨状にあきれ果て、それでも東京に戻ってきたら、


実家が恋しくなり、「もっといろいろ話したかったな…」なんて思う。






別に掃除が出来るようにならなくてもいいし、働けるようになる必要もない。


ただ、生きてくれていればそれで。




○○を片付けるため、おれは戦う!

2013年 05月01日 23:00 (水)

GWにて帰省している今日このごろ、
実家に帰ると必ずやることがあります。


それは…



「掃除」
です!!!



うちの母は片付けるのは本当に苦手で、


多分 ADD:注意欠陥障害です。
※以下のような症状が、日常的に発生する。
1. 遅刻しやすい。
2. 忘れ物・失くし物をしやすい。
3. 部屋が片付かない。
4. ギリギリまで手がつかず、いつも一夜漬け。
5. 得意な事と苦手な事では、集中力や出来の差が激しい。
6. その時々の感情や好調・不調に波がある。
7. 段取りや効率を考えるのが苦手。
8. ポイントを絞るのが苦手で、あれもこれもになりやすい。
9. ちょうど良い加減が分からず、0か100かになりがち。
10. 言動がストレートすぎる。
11. 色々な所で寝落ちしてしまう。
12. 動き出しが悪いが、動き始めると止まらない。
13. 個性的・変わっているとよく言われる。
14. 納得のいかないことは出来ない。
15. 目の前のことだけに気をとられ、全体的な優先順位が付けられない。


そのため、家の中はとにかく汚い!


いらないものであふれかえっている!


だから休みを返上して、ひたすら掃除に明け暮れる日々!


それでも、ゴミと戦いつづけました。



それは、報われなくたっていい、どんな人でも親は親だ…


欠点だらけだけど、それでも母なんです。


大事にしなくちゃいけません。



だから、スープを作ってあげました(^^)



今度帰ってくるときは、もっと美味しいものを作ってあげます♪

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。